九州大学景観研究室のブログ

project237.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 13日

新入生がやってきました【研究室の日常/尾木】

こんにちは, 修士1年となりました尾木です.
今年度も引き続きよろしくお願い致します.

4月は出会いの時期, 今年も景観研究室に新入生がやってきました.
d0073159_16172146.jpg

左が森崎慎也くん, 右が原田大史くんです.

彼らは景観研究室が担当する講義であるプロジェクトまちづくりに積極的に取り組んでいた学生です.


こんにちは。森崎です。これから始まる研究室生活に不安いっぱいですが、一生懸命やり切ろうと思います。
温かく見守ってください。

はじめまして。今年度から景観研究室に配属になりました原田でございます。よろしくお願いします。


新たなメンバーともに今年度もよろしくお願いします。

[PR]

# by landscape237 | 2017-04-13 16:42 | 研究室の日常 | Comments(0)
2017年 02月 05日

平成28年度後期「プロジェクトまちづくり」最終発表会[プロジェクトまちづくり/大瀬]

こんにちは。
M1の大瀬です。

1月30日(月)
九州大学の学部3年生の講義「プロジェクトまちづくり」の最終発表会が開催されました。

後期のテーマは、
「北崎を元気にするためのバスのあり方を考える〜北崎を通るバス交通の見直し〜」でした。

 42名の学生が4班に分かれ、この半年間に、
事例調査、現地ヒアリング、アンケート調査、検討会などを行い、
各班の中、または班同士で、何度も何度も議論を重ねてきました。
ただのアイディアであれば大学生でなくてもできますが、彼らに求められたのは、「根拠のある提案」でした。

 発表当日、北崎地区の方々、西の浦線を利用される方々、バス事業者、行政の方々など約30名集まっていただきました。
想定よりも多くの方々にお集まりいただき、3年生の学生たちも次第にそわそわしだました。

まず1班目。トップバッターTくんが堂々と発表してくれました。
デマンドタクシーの導入の提案です。
現在、バスの利用者が少ない時間帯に、予約制の小型デマンドタクシーを導入することで、
経費削減とバス利用目標人数を減らすというアイディアでした。
d0073159_12010235.jpg
2班目は、
北崎や糸島半島への観光客にもっとバスを利用してもらうために、
何度も乗り降りできる回数券や、レンタサイクルの導入を提案しました。
d0073159_12014846.jpg

3班目。
彼らの提案は、「ぐるっと北崎」!
九大学研都市駅、北崎、九大、二見ヶ浦をつなぐ巡回バス路線の提案でした。
既存のバス路線は、「九大⇄九大学研都市駅」、「北崎⇄九大学研都市駅」間の運行のみです。
d0073159_12015158.jpg
そして4班目。
バスの問題と北崎小中学校の児童数減少問題の二つを解決する方法として、
「海っ子、山っ子スクール」の導入を提案しました。
北崎外から学校に通ってもらうことで、バスの利用者を増やそうという狙いです。
d0073159_12015552.jpg
全体司会を担当した、Mくん。
中学生の意見もしかっり聞いてくれています。
プログラムも進行も全て3年生の学生が自分たちで行いました。
d0073159_12020072.jpg
最後に樋口先生からの挨拶と評価。
d0073159_12005936.jpg
本当にたくさんの方々にお集まりいただき、有難うございました。

4つの班からのアイディアは、すぐに実現できそうなものも、そうでないものもありましたが、
まずは、地域、バス事業者、行政の皆さんが、バスのことを考えるきっかけになったと思います。


[PR]

# by landscape237 | 2017-02-05 12:15 |  プロジェクトまちづくり | Comments(0)
2016年 12月 28日

塩田石集め街歩き[塩田/林田]

こんにちは
学部4年の林田です。

先日、10月23日に塩田にて塩田石集め街歩きの活動が行なわれました。
この活動は当ブログでも7月にお知らせした塩田石ストーンバンクの活動を地域の方に知ってもらうことと塩田石を集めることを目的として行われた活動です。

初回の今回は景観研究室と地域の方が合わせて30名ほどが参加し、5つの班に分かれて地域内の各地を回りどこにどのくらいの石があるかを調べたり、実際に訪問し活動について説明をし、石を譲って頂いたり、地域の他の方に話していただくよう頼んだりといった活動を行いました。
d0073159_17222270.jpg
d0073159_17391333.jpg

私のいた班は地域の石工さんや建設業者の方が持っている昔の採石場だった場所を中心に回りましたが自分の想像していたよりも多くの塩田石が昔の採石場の場所にあり驚きました。砕石場には大きな石が多く今回は運ぶことはできませんでしたがこれから地域の方達により運び出されるとのことです。
d0073159_17400132.jpg
また、今回の活動で石を運ぶために使った軽トラックにつける幟を景観研究室で作成し持って行きました。地域の方からも好評をいただきました。
d0073159_17180053.jpg
d0073159_17193222.jpg
この活動はまだ始まったばかりで認知度も高くなく、今回の活動で全ての地域の住宅を回れたわけではないのでこれからも継続して取り組む必要があります。より多くの人に活動を知ってもらいたいともいます。
d0073159_17200553.jpg




[PR]

# by landscape237 | 2016-12-28 15:50 |  塩田津 | Comments(0)
2016年 12月 28日

松原の会定例活動【唐津/林田】

11月12日(土)に朝10時からみなと松原の会の定例活動である松の枝切りに参加しました。
今回は学部2年生対象の講義である「まちづくり・地域づくり概論」の一環としてこの講義を受講している2年生8名と共に参加しました。

この日の作業では唐津東港近くのCゾーンの松の枝切りを行いました。
最初に地域の方と顔合わせをした後、説明を受け教えてもらいながら、実際にのこぎりを使って
作業前は松の木の下の方までたくさん枝が生えており、見通しもあまり良くはなかったですが作業を行うことで非常に見通しのいい松原になりました。

[PR]

# by landscape237 | 2016-12-28 15:50 |  唐津(みなと松原の会) | Comments(0)
2016年 12月 28日

国際ワークショップ2日目【研究/鮫島】

11月8日(火) 国際ワークショップ2日目

今日もRobert Yaro氏とHarry Dodson氏をゲストにお迎えしています。

今回は、筑後市の九州木材工業株式会社の内倉さんに行程をアレンジしていただき、
木材の耐久性を飛躍的に高める「エコアコールウッド」が使用されている事例を中心的に見学しました。
また、今日は特別に黒川温泉環境計画アドバイザーの徳永哲 氏、和光コンクリート工業株式会社の会長・金丸和光氏、代表取締役・金丸和生氏にも同行していただけました。

エコアコールウッドとは、九州大学農学部と九州木材工業(以下、九木)が共同開発した保存処理木材のことです。エコアコールという保存薬が、木材に注入されたのち高分子化され木材の腐朽や割れを防ぐというものです。
内倉さんは、このエコアコールウッドの開発に九州大学在学中から携わられており、現在では九木にてエコアコールウッドの開発・営業を引っ張るリーダー的存在となっておられます。

まずはじめに向かったのは、八女市東部に位置する星野村。2012年の九州北部豪雨災害によって大きな被害を受けました。今現在でも地元住民やボランティアの方々の手によって復旧活動が続けられています。
ここでは、実際にエコアコールウッドが使用されている木製グレーチング(側溝の蓋)と木製ガードレールを見学しました。
僕の感想としては、やはりどちらの製品も一般的に使用されている鋼製のものより周りの風景に馴染んでいる気がしました。
d0073159_15422416.jpg
d0073159_15422833.jpg
下の木製ガードレールは、木材加工技術協会がH21年に開発したC種(速度50km/hの道路規格)のガードレールです。支柱はよく目にする鋼製のものを
そのまま使用しています。さらに、車両衝突時の衝撃に耐えるために横梁の裏には鉄板がつけられています。そのため、なかなか目立ちます。。



[PR]

# by landscape237 | 2016-12-28 15:49 | 研究 | Comments(0)
2016年 12月 28日

平成28年度前期 土木と社会セミナー[土木と社会セミナー/大瀬]

今年度も「土木と社会セミナー」が開講されました。
これは昨年度から始まった新しい講義で
土木に関係するさまざまな分野で活躍されている方々を
ゲストスピーカーとしてお招きし約1時間の講演をしていただきます。

九大土木コースを卒業された大先輩や
普段通りに学生生活を過ごしていたら絶対に出会えないであろう方々のお話を聞ける
絶好の機会です。

[PR]

# by landscape237 | 2016-12-28 15:48 |  土木と社会セミナー | Comments(0)
2016年 10月 24日

コスモスウォークでの新たな試み[佐世保/大瀬]

こんにちは
大瀬です。
朝晩が冷え込む季節になってきましたね。

10月16日(日)
佐世保市俵ヶ浦半島「コスモスウォーク」に参加してきました。
d0073159_12174564.jpg
毎年、この季節の展海峰には素敵なコスモス畑が広がります(今年は例年より成長が遅いようでしたが)。

今年からコースが変わり、展海峰から俵ヶ浦町の丸手山砲台観測所跡地までを往復するコースとなりました。
過去3年間で地域のみなさんと一緒につくりあげてきたトレイルコースをもとに、地域の方が考えたコースです。
朝から開会式あたりまでは、あいにくの雨でしたが、参加者の皆さんが出発される頃には止み、夕方までなんとか持ちました。


そして今年は、例年の地域のブースに加え、地域の有志の方々の店も新たに出店しました。

俵ヶ浦でコーヒー屋を営んでいる方、地域のカフェを新たに出店したいという希望を持っている方、地域で取れた産物を新たな売り出し方で発信していきたいという方などが中心となって、
俵ヶ浦半島に今までなかった新しい動きが始まりました。

d0073159_12173750.jpg
お店の看板は、「俵ヶ浦半島育ちのおいしいもの食堂」!

俵ヶ浦半島で採れた新鮮野菜、その野菜を使ったグリーンスムージー、スペシャリティコーヒー、展海峰寿司(野崎寿司)、栗の渋皮煮、栗のケーキなどなど、多くの商品が並びました。
地域内外の方々が興味を持って集まって下さいました。
d0073159_12173511.jpg
d0073159_12174205.jpg
九十九島の絶景を見ながら、私も美味しくいただきました(展海峰寿司、グリーンスムージー)。



また、私たち九大メンバーは、
コスモスウォークの今後の運営や、おいしいもの食堂に対する参加者の意見を聞くため、アンケート調査を実施しました。

今回の新たな取り組みが、俵ヶ浦半島PRの第1歩になったと思います。
〜したいという思いが、思いだけで留まらず、
地域の方々が主体となり実行に移すことができた、いい機会になったと思います。


[PR]

# by landscape237 | 2016-10-24 15:30 |  佐世保 | Comments(0)
2016年 10月 24日

俵ヶ浦半島育ちのおいしいもの食堂看板作り[佐世保/林田]

こんにちは
10月16日に行われたコスモスウォークで地元の有志の方が実施した「俵ヶ浦半島おいしいもの食堂」の看板を景観研究室で作成しました。
作成は自分たち4年生2人がM1の樋口先生のアドバイスのもと、大瀬さん、M2の鮫島さん、助教の榎本さんに色々と手助けしていただきながら行いました。
材料はコスト面や耐久性、作業に使える時間などからさらし木綿を利用しました。
当初はテントの場所がやや目立ちづらい場所であることから目立たせることを優先としたデザインで、文字の色として青や赤系の橙色などが候補に上がりました。また、生地が白い色のため、先生からコントラストがはっきりする色がいいというアドバイスをいただき、青や緑などやや黒に近い色も候補に上がり、複数パターンを紙に印刷してどれが一番見やすいかなどの検討を行いました。
文字の配置についても強調したいところを大きくしたり、一部の文字を斜めにしたり、下線を引いてみたりなど幾つか検討を行いデザイン案を固めていきました。
ある程度デザインの案が固まった段階で地域の方にメールでデザイン案を確認していただいたところ、文字の色や大きさについて暖色にしてほしい、もう少し小さくしてほしいなどの要望をいただいたので
それをもとに再度デザインについて検討を行い、最終的に橙色の文字色を採用し、構成も文字の大きさを前半と後半で変えることで「おいしいもの食堂」という言葉が強調されるデザインにしました。
実際に自分たちで看板を考えて作っていく中で依頼を受けてものを作る場合にどういうことに気をつければいいのか、どのような手順で作ればいいのかということ、そしてデザインをする上で気をつけるべきことを学ぶことができました。

[PR]

# by landscape237 | 2016-10-24 14:37 |  佐世保 | Comments(0)
2016年 10月 15日

俵ケ浦半島 トレイルルート清掃/ミーティング[佐世保/林田]

こんにちは
10月12日に今週末の16日に行われるコスモスウォークのルートになっているトレイルルートの清掃整備とコスモスウォークに向けた地域振興のプロジェクトの会議が行われました。
トレイルルートの清掃では地元の有志の方々がルートに落ちているゴミや落ち葉、雑草などの清掃を行いました。写真は清掃が行われていた場所ある旧海軍の丸出山観測所跡の写真です。
d0073159_16091390.jpg
丸出山観測所跡からは九十九島の綺麗な景色を眺めることができます。
清掃後には庵浦公民館にて16日のコスモスウォークについての話し合いと市役所への報告の準備のための今までの俵ケ浦半島での取り組みの振り返りが行われました。
d0073159_16091024.jpg
コスモスウォークには地域の有志の方などでつくるショップも出店されますので是非お越しください。


[PR]

# by landscape237 | 2016-10-15 15:05 |  佐世保 | Comments(0)
2016年 10月 11日

プロジェクトまちづくり後期初回講義[プロジェクトまちづくり/林田]

こんにちは、学部4年の林田です。
10月3日に後期のプロジェクトまちづくりの1回目の講義が行われました。
後期の講義は前期とは異なり全てのチームが北崎地区のバス路線のあり方について考えるというテーマのもとで交通研の大枝先生、都市研の加知先生、松永先生も関わり、講義が行われます。
一回目の講義ではまず大学でオリエンテーションとして後期関わる先生方の紹介と北崎校区の説明があった後、実際に伊都キャンパスから北崎校区までバスで行くにはどのくらい時間がかかるのかを体験するために、全員で昭和バスを利用して、一度九大学研都市駅まで行き、そこから西浦行きの昭和バスに乗り換えて北崎まで向かいました。
d0073159_16025533.jpg
北崎校区についてからはまず宮浦のバス停でバスを降り、宮浦と唐泊の集落を見学し、その後、歩いて西浦の西岡公民館に向かいました。
西岡公民館では、まず、松永先生から地域交通についての講義を受け、その後北崎未来を創る会代表の平兮さんからお話を聞き、その後、40人の3年生がこれから活動していく4チームに分かれました。
d0073159_16104318.jpg
d0073159_16122886.jpg
d0073159_16023906.jpg
d0073159_16130525.jpg

次回以降からは実際にヒアリング調査や文献調査をしたり、話し合いをしたりしてどういうバス路線のあり方がいいのか考えていくことになります。

[PR]

# by landscape237 | 2016-10-11 14:08 |  プロジェクトまちづくり | Comments(0)